長編映画ワークショップ その2スポーツにおけるコミュニケーションについてのワークショップ、ブラインドサッカー体験企画3自由研究セミナー「アーサー王研究会:アルフレッド・テニスン「シャロットの女」の精読から創作へ」筑前琵琶と語りの世界 −音の力、ことばの力−

■プロジェクト名
 「怒り」と「葛藤」に創造的に向き合うワークショップ



▼活動概要

■ねらい
対人葛藤に向き合ったり、怒りを表現することが苦手といはれるわれわれが、今までと違う創造的なやり方でそれらに向き合い、負ののエネルギーを受け入れ肯定的に活かす道を、自分と他者との関係で体験し、模索することをねらいとします。




■概要
怒りなど否定的な感情の表現や、対人葛藤場面で、相手との直接的なコミュニケーションが苦手なわれわれが、この課題に取り組む入門編参加型のワークショップ。アート表現や、身体とかかわる活動をももりこみつつ、自分の怒りや対人葛藤とのかかわり方を、体験し、自分のクセや傾向に気づきつつ、自分との関係、他者との関係のなかで、非言語や言語コミュニケーションの新たなあり方やスキルを試みる。

講師は、コラージュを臨床や心理教育に取り入れる臨床心理士の佐藤仁美氏と、異文化コミュニケーションでの人間関係構築能力増強の研修に携わる異文化コンサルタント山本薫氏。

ワークショップ1(佐藤仁美氏):<自分の怒り・葛藤傾向に気づく 〜自分や他者を通して〜>
 コラージュという雑誌、葉書など既製の素材を自由に切り出し台紙にはるコラージュ作品つくりを通して、非言語的に自分や他者への怒りを表現し、その体験から自分の反応傾向に気づき、参加者と分かち合いながら、気づきを深め、そういう自分を受け止める。

ワークショップ2(山本薫氏):<「怒りのようなもの」とつきあう対人コミュ ニケーション実習>
 否定的な感情に気づき、自分の行動を建設的にもっていくための自分とのコミュニケーション・スキルと、さらに対人関係で、なるべく相手も自分も傷つけず、互いに「ウィン、ウィン」の関係をつくるために、日常で活かせる対人コミュニケーションを学ぶ。




■活動スケジュール

・3月5日 日吉キャンパス シンポジウムスペース
  ワークショップ1 10:00〜13:00
  お昼休み     13:00〜14:00
  ワークショップ2 14:00〜17:00




■関連セクション
 Section IV 「コミュニケーション」


■メンバー
手塚千鶴子、横山千晶、武藤浩史



↑ページトップへ戻る
プリンタ用画面