長編映画ワークショップ その2スポーツにおけるコミュニケーションについてのワークショップ、ブラインドサッカー体験企画3自由研究セミナー「アーサー王研究会:アルフレッド・テニスン「シャロットの女」の精読から創作へ」筑前琵琶と語りの世界 −音の力、ことばの力−

■プロジェクト名
 「対自・対他ワークショップ」 その1
 教員サポートリテラシーワークショップ



▼活動概要
▼[報告]教員サポート「メディアリテラシーワークショップ」




■ねらい
メディアセンターで提供するサービスについて知識を深め、教育・研究の質の向上に役立てる。




■概要
 メディアセンター職員の和田幸一氏を講師に招き、前半後半の二部制で行う。前半はKOSMOSの新機能と使い方について説明する。
 後半は図書館の資料を利用する際に気をつけなけばならない著作権に関する事項について説明する。




■活動スケジュール
6月4日(金)ワークショップ実施




■関連セクション
なし


■メンバー
種村和史



↑ページトップへ戻る



[報告]
教員サポート「メディアリテラシーワークショップ」


[日時場所]
三田キャンパス、三田の家ほか
分科会B(東館6階G-SECラボ)12月5日 15時〜
岡原ゼミとノアールがプロデュースの学会内分科会

[テーマ・内容]
 6月4日(金)来往舎中会議室において、教員サポート「メディアリテラシーワークショップ」が開催されました。これは、慶應義塾大学メディアセンターで提供する種々のサービスについて知識を深め、教育・研究の質の向上に役立てることを目的とした活動です。
 メディアセンター職員の和田幸一氏を講師に招き、前半後半の二部制で行いました。前半は慶應字塾大学図書館の蔵書検索システムであるKOSMOSがリニューアルしたことを承け、その新機能と使い方について説明いただきました。
 
 後半は図書館の資料を利用する際に気をつけなけばならない著作権に関する事項について説明いただきました。
 いずれのトピックも、教員の日ごろの教育・研究活動に密接な関係を持つものであったため、出席者からは活発な質疑が出されました。出席者の今後の教育・研究活動に有益な情報が得られました。

活動詳細はリンク先をご参照ください。


[投稿者:種村和史]




↑ページトップへ戻る
プリンタ用画面