長編映画ワークショップ その2スポーツにおけるコミュニケーションについてのワークショップ、ブラインドサッカー体験企画3自由研究セミナー「アーサー王研究会:アルフレッド・テニスン「シャロットの女」の精読から創作へ」筑前琵琶と語りの世界 −音の力、ことばの力−
 
■プロジェクト名
 実験授業「自由研究セミナー:アーサー王伝説 精読から創作へ
 ――シャロットの女」公開ワークショップ
 番外編  創作のための情報編集術 
 「作家(ストーリーアーキテクト)× プロデューサー」 真剣勝負
 ――企画ができるまで――




▼活動概要





■ねらい
創作をするためにはどのような情報交換と情報の整理が必要なのか、プロの作家とプロデューサーによる企画誕生の「現場」に立ち合うことによって、創作へのヒントを学びます。創作過程にはいかに高度化された言語・非言語によるコミュニケーションが必要とされるのかを体験することをめざします。




■概要
 作品を広く世に問うために原作を創作する(ストーリを組み立てる)作業は、作家1人の思いつきや知識のみに頼ってできるものではありません。常に市場動向を先取りする鋭敏な感性を持った、制作プロデューサーが企画制作の場には存在し、作家とプロデューサー2人の間で展開される数え切れないほどの、多様なコミュニケーション法を用いた応答の繰り返しによって物語は世の中に向けて送り出されることになります。
 原作を作るストーリーアーキテクトの小関章ラファエル氏と、世界的なアニメ制作会社であるプロダクションI.Gで数々のヒット作の誕生に携わる制作プロデューサーの和田丈嗣氏の両者が、創作の原点から企画の誕生、市場化にいたるまでの相互交換される情報を、どのように「発案・整理・編集・構成」していくのかを、90分間、本番さながらの真剣度で、その過程を再現します。通常目にすることができない、創作の過程、プロの臨場感を目撃し、みずからの創作の手掛かりをつかむ機会となれば、幸いです。


詳細はポスターも併せてご覧ください。




■活動スケジュール
2011年10月1日(土)
16:30〜18:00
日吉キャンパス 第4校舎B棟1階 J12教室




■関連セクション
 Section I 「アート」


■メンバー
不破有理



↑ページトップへ戻る




プリンタ用画面