長編映画ワークショップ その2スポーツにおけるコミュニケーションについてのワークショップ、ブラインドサッカー体験企画3自由研究セミナー「アーサー王研究会:アルフレッド・テニスン「シャロットの女」の精読から創作へ」筑前琵琶と語りの世界 −音の力、ことばの力−

■プロジェクト名
「世界を知る・社会を知る」映画上映会4「『フェンス』上映と藤原敏史監督に訊く」 



▼活動概要
▼[報告]「世界を知る・社会を知る」映画上映会4「『フェンス』上映と藤原敏史監督に訊く」




■ねらい
ドキュメンタリー映画の上映会とティーチインを通じて、ドキュメンタリーというジャンルの芸術的政治的可能性について理解を深め、芸術言語力および学術言語力の基礎体力を培います。



■概要
逗子市の米海軍池子住宅問題を題材とした藤原敏史監督のドキュメンタリー作品『フェンス 第一部失楽園』『フェンス 第二部断絶された地層』を視聴し、ドキュメンタリー映画というジャンルの芸術的政治的な可能性について理解を深めることによって、芸術言語力および学術言語力の基礎体力を培います。



■スケジュール
上映会およびティーチインは、2009年12月22日(火)に慶應義塾大学日吉キャンパス独立館D404にて、16時45分より20時過ぎまで開催。


■関連資料
 関連資料


■関連セクション
 Section I 「アート」


■メンバー
佐藤元状



↑ページトップへ戻る



[報告]
「世界を知る・社会を知る」映画上映会4「『フェンス』上映と藤原敏史監督に訊く」


[報告内容]
逗子市の米海軍池子住宅問題を題材とした藤原敏史監督のドキュメンタリー作品『フェンス 第一部失楽園』『フェンス 第二部断絶された地層』を上映した後、藤原監督、杉原賢彦氏(映画評論家、本学非常勤講師)、佐藤元状(本学法学部)の3人でティーチイン形式のフォーラムを行い、映画作品とその背景について議論し、ドキュメンタリー映画の芸術的政治的な可能性について学習しました。参加者からの質問も活発に行われ、ドキュメンタリーの実践的な側面と理論的な側面について理解を深めることができました。上映会およびティーチインは、2009年12月22日(火)に慶應義塾大学日吉キャンパス独立館D404にて、16時45分より20時過ぎまで行われました。


[メンバー・スタッフ]
佐藤元状

[投稿者:佐藤元状]


↑ページトップへ戻る

プリンタ用画面