長編映画ワークショップ その2スポーツにおけるコミュニケーションについてのワークショップ、ブラインドサッカー体験企画3自由研究セミナー「アーサー王研究会:アルフレッド・テニスン「シャロットの女」の精読から創作へ」筑前琵琶と語りの世界 −音の力、ことばの力−

■プロジェクト名
 寿コミュニティ・プロジェクト



▼活動概要
▼[報告]寿地区拠点作り/NGOとの連携




■ねらい
地元社会を知り、住民と共にさまざまな切り口からコミュニティを形成します。
その過程で学生の協働力・創造力・リーダーシップの開発とともに、メディア・芸術言語力の育成を目指します。




■概要
横浜市中区寿エリアに設けられた拠点、「かどべや」をプロジェクトの活動場所とし、地域で活動するNPOや社会起業家と協力しながら新しいコミュニティの形成を目指します。
同時に寿エリアで活動するNPO法人「さなぎ達」と協力して、同法人が行っている「みまもりボランティアプログラム」に参加しながら、協同で新しい教育プログラムを開発します。




■活動スケジュール
2009年 5月 コトラボ合同会社との協力体制構築
2009年10月 NPO法人「さなぎ達」との協力体制構築
2009年12月 
  「かどべや」の設立
  「さなぎの家」でのメンバーの活動開始・「みまもりボランティアプログラムへのメンバーの参加
  大阪釜ヶ崎「ココルーム」、新長田「DANCEBOX」訪問
2010年1月
  アーティスト川口ゆい氏とのコラボで「かどべや」でHEREing Lossプロジェクト開催
  「かどべや」内装開始
2010年2月
  「かどべや」各種イベント開始
  「みまもりボランティアプログラム」教育プログラムの準備
  北海道「べてるの家」訪問
  『NPO法人「さなぎ達」の活動』開催




■関連セクション
 Section I アート」
 Section II 「フィールド・アクティビティ」
 Section III 「コミュニティ」
 Section IV 「コミュニケーション」


■メンバー
横山千晶、武藤浩史、黒沢美香、木檜朱美



↑ページトップへ戻る



[報告]
寿地区拠点作り/NGOとの連携


[活動日時、場所]
2009年5月〜
  コトラボ合同会社との協力体制構築(ホステルヴィレッジ)
2009年10月〜
  NPO法人「さなぎ達」との協力体制構築([さなぎ達]事務室)
2009年12月6日 「かどべや」の設立
  12月23日〜27日 釜ヶ崎「ココルーム」、新長田「DANCEBOX」訪問
  12月28日スタート 「さなぎの家」でのメンバーの活動開始・「みまもりボランティアプログラムへのメンバーの参加
2010年1月5日
  アーティスト川口ゆい氏とのコラボで「かどべや」でHEREing Lossプロジェクト開催

1月末日 「かどべや」内装開始
2010年2月〜 「かどべや」各種イベント開始
  「みまもりボランティアプログラム」教育プログラムの準備
2月3日  講演会「NPO法人『さなぎ達』の活動」
2月4日〜8日 北海道「べてるの家」訪問


[活動目的]
寿エリアに住む方々の聞き取りを行い、地元社会を知り地域の歴史を掘り起こすと同時に、住民と共にさまざまな切り口からコミュニティを形成することを目指します。
その過程で学生の協働力・創造力・リーダーシップの開発とともに、メディア・芸術言語力の育成も重要な目的です。
同時にさまざまなコミュニティ作りの実際例を調査し、ネットワークを結ぶことで、横浜のコミュニティ作りに活かしていきます。


[成果・反響]
横浜市中区寿エリアに設けられた拠点、「かどべや」をプロジェクトの活動場所とし、地域で活動するNPOや社会起業家と協力しながら新しいコミュニティの形成する予定です。
現在拠点を中心にアーティストや地元NPOとメンバーが何度も会合を行い、企画を練っています。同時に寿エリアで活動するNPO法人「さなぎ達」と協力して、同法人が行っている「みまもりボランティアプログラム」に参加しながら、協同で新しい教育プログラムを開発中です。
授業は2010年度の4月より開講されます。同時に釜ヶ崎のココルームなど、他のコミュニティともネットワークを結び、ともに意見交流を始めました。


[メンバー・スタッフ]
横山千晶、武藤浩史、原田亜紀子
黒沢美香、木檜朱美

[投稿者:横山千晶]

↑ページトップへ戻る

プリンタ用画面